1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号1138)

音声認識を用いたリアルタイム字幕放送技術の開発

 放送番組の音声を対象としたリアルタイム連続音声認識技術を初めて開発し、実用レベルの高い認識正解率を達成した。それを利用したテレビ番組の文字付与技術を開発し、ニュース番組等生番組において字幕放送として実用化した。これは聴覚障害者に貢献したのみならず、放送文化の発展に寄与した。

 この技術に対して、映像情報メディア学会は、2001年、安藤彰男氏(NHK)、今井享氏(同左)、小林彰夫氏(同左)に丹羽高柳賞業績賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

放送
(マルチメディア情報処理)
放送
(映像の表現)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

2001
米国中枢で同時多発テロが発生する。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

音声認識、認識正解率、字幕放送、音声合成
Page Top