1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号1124)

非球面ガラスレンズ技術及び放送用プログレッシブカメラの研究実用化に対する貢献

新非球面プレス工法と従来工法の比較

図1 新非球面プレス工法と従来工法の比較

世界初のガラス非球面CDピックアップレンズ(左)と従来レンズ(中)の比較

図2 世界初のガラス非球面CDピックアップレンズ(左)と従来レンズ(中)の比較

放送中のHDTVプログレッシブカメラ(a)と米国デジタルTVの映像フォーマット

図3 放送中のHDTVプログレッシブカメラ(a)と米国デジタルTVの映像フォーマット

 多年にわたり、画像工学および応用光学関連のデバイス・機器の研究開発に従事し、ガラスプレス法によるカメラ用ならびにディスク用非球面レンズの量産に画期的な成果を挙げ、また、高性能低価格の順次走査型カメラの実用化を進めてEDTV-Ⅱ方式の推進に寄与するなど、テレビジョン技術の発展に貢献した。

 この技術に対して、テレビジョン学会は、1994年、長岡良富氏(松下電器)に丹羽高柳賞業績賞を贈った。


文献

[1] Y. Nagaoka, M. Sunohara, Y. Tanaka, M. Ueda and K. Azuma、SINGLE LENS CD PLAYER PICKUP SYSTEM USING、1987年、IEEE Trans. on Consumer Electronics, vol.CE-33, no.4, November 1987
[2] Y. Tanaka, M. Sunohara, J. Murata, T. Nakamura and H. Aiko、Molded-glass optical element for focusing servos、1987年、Applied Optics, Vol.33, No.1, January 1994
[3] A. Hori, T. Kurosaki, N. Wada, S. Nishikawa and K. Itakura、525-LINE PROGRESSIVE SCANNING TV CAMERA WITH 16:9 ASPECT、1994年、NAB 1994 Broadcast Engineering Conference Proceedings, 1994

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

放送
(情報の取り込みと表示)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1994
松本サリン事件が起こる。
1994
自民党と社会党の連立による村山内閣が発足する。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

応用光学、非球面レンズ、EDTV-Ⅱ用、順次走査用カメラ、撮像、テレビカメラ
Page Top