1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号1065)

テレビジョン受像機の開発

 戦前におけるテレビ実験放送の時代からテレビジョン受信機の研究開発にあたり、新設計のチューナー方式を発明するなど、わが国テレビジョン受信機の基礎設計方式を確立し、その国産化に貢献した。

 また、テレビジョン送信機器についても、2撮像管式カラーカメラ、スローモーションVTR装置など数多くの機器の研究、開発を指導して、その実用化の推進に努力した。

 この技術に対して、テレビジョン学会は、1966年、石橋俊夫氏(NHK)に丹羽高柳賞業績賞を贈った。

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

放送
(家庭用映像機器)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1966
ザ・ビートルズが来日する。
1966
『巨人の星』の連載が始まる。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

テレビ受像機、チューナ、スローモーションVTR、コンシューマエレクトロニクス
Page Top