1. HOME
  2. 電気・情報関連(専門)
  3. 研究情報(登録番号1034)

データベースシステムの新パラダイムの展開に関する先駆的研究

演繹オブジェクト指向データベースに関する国際会議

図1 演繹オブジェクト指向データベースに関する国際会議

データ発掘による異常現象と大地震との関連解析

図2 データ発掘による異常現象と大地震との関連解析

データ放送型環境における待ち時間短縮方式

図3 データ放送型環境における待ち時間短縮方式

 近年のコンピュータハードウェアの目覚ましい高速化及び著しい低価格化は、大規模なデータベース構築を容易にしており、また、インターネット及びWWW(World Wide Web)技術の発展に伴って、新たな形態でのコンテンツサービスも可能になってきている。そのような状況の中で、高度情報化社会の基盤として機能するデータベースシステムに関する研究開発の重要性が今まで以上に増している。

 西尾章治郎氏は、1980年代初頭から今日に至るまで一貫してデータベースシステムの重要諸技術に関して、常にパラダイムシフトを展開する顕著な研究業績を挙げてきており、しかもそれらは現実システムに立脚した創造性豊かなものである。

 それらの技術の中でも、「演繹オブジェクト指向データベース(DOOD)」に関しては、同氏はこのデータベースモデルの名付け親の一人として、先駆的な業績を挙げるとともに、このテーマに関する国際会議の立ち上げにも大きく貢献した。実際、DOODは最も強力なモデルの一つとして世界的にも認知され、欧州共同体の資金援助を受けたプロジェクトなどで実用化が推進された。この技術は、データベースモデルの確立という根幹的な課題に関して、日本の研究者が多大の貢献をした意味でも特筆に値する。

 これ以外にも、同氏は定説的な概念に疑問を投げ掛け、新たな展開を促す卓越した研究成果を挙げてきたが、それらの膨大な成果の中で、特に重要と考える内容を二つに絞って以下に紹介する。

 最近、大規模なデータベースが構築されるに及んで、「データ発掘(Data Mining)」の研究が非常に盛んになってきているが、同氏はその研究の重要性をいち早く認識し、国内で啓蒙活動を積極的に行った。同時に、データ発掘を演繹データベース及びオブジェクト指向データベースを対象として行う先駆的な研究成果を挙げ、IEEEの論文誌などにも公表されて世界的な評価を受けた。更に、実社会を対象とした応用研究として、阪神・淡路大震災時に収集された自然界における異常現象に関する情報をデータベース化し、異常現象と大地震との関連を解析した結果は、新聞報道などでも取り上げられた。

 次に、超高速ネットワークの整備が急速に進展する中で、その広帯域性を十分に活用した「データベース移動」という、従来と発想を全く異にする概念を基盤とした新しいトランザクション処理技術の共同研究開発を強力に推進してきた。また、データベースの新たな利用環境に関する研究開発として、「モバイル計算環境」や「データ放送型環境」におけるデータベースシステム構築技術に関して、多様な先駆的な共同研究を展開してきている。これらの研究は、情報通信分野の急速な技術革新による新たなデータベース利用環境の出現に対して、その環境に適したシステムアーキテクチャを構築する重要性を察知した先駆け的なものであり、その研究成果は、本会及びIEEEの論文誌更に世界的に高く評価されているVery Large Data Bases(VLDB)国際会議などで公表されている。

 この技術に対して、電子情報通信学会は、2002年、西尾章治郎氏に業績賞を贈った。


文献

[1] Jiawei Han, Shojiro Nishio, Hiroyuki Kawano, and Wei Wang、Generalization-based Data Mining in Object-Oriented Databases Using an Object Cube Model、1998年、Data & Knowledge Engineering, Vol. 25, No. 1-2, pp. 55-97
[2] Takahiro Hara, Kaname Harumoto, Masahiko Tsukamoto, and Shojiro Nishio、Database Migration: A New Architecture for Transaction Processing in Broadband Networks、1998年、IEEE Transactions on Knowledge and Data Engineering, Vol. 10, No. 5, pp. 839-854
[3] Tomoki Yoshihisa, Masahiko Tsukamoto, and Shojiro Nishio、A Scheduling Scheme for Continuous Media Data Broadcasting with a Single Channel、2006年、IEEE Transactions on Broadcasting, Vol. 52, No. 1, pp. 1-10

関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(情報処理システム・応用)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

2002
日韓で第17回サッカーワールドカップが開催される。
2002
欧州単一通貨「ユーロ」が12カ国で流通開始する。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

演繹オブジェクト指向データベース、DOOD、データベース
Page Top