1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号993)

ミリ波伝送技術に関する研究

 ミリ波とは、波長が1~10mm(周波数30~300ギガヘルツ)の電波のことです。ミリ波の伝送路としては、マイクロストリップ線路やコプレーナ導波路といった伝送線路が使われていましたが、いずれも大きな伝送損失をともないます。

 また、誘電率の大きい媒質内を反射しながら伝送する誘電体導波路は低損失ですが、曲がりや不連続部で不要な放射が発生して伝送特性が低下してきます。そこでこの研究では、まず「NRDガイド」と呼ぶ導波路を発明しました。

 これは不要放射を抑制するための平行板導波路を作り、その中に誘電体導波路を通した形をしています。こうすると誘電体線路の低損失性が生かされるのです。さらにNRDガイド回路素子を開発し、それらを組み合わせてミリ波FM送受信機など60ギガヘルツ帯のミリ波システムを実現しました。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

通信
(その他(通信))

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1997
消費税の税率が引き上げられる。
1997
長野新幹線が開業する。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

ミリ波、NRDガイド、その他(通信一般)
Page Top