1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号990)

マルチメディア用の動画像プロセッサLSIの研究開発

世界で初めて開発に成功した符号化LSI

図1 世界で初めて開発に成功した符号化LSI

 放送や通信、蓄積メディア、コンピュータなどでマルチメディアを手軽に利用し合うには、膨大な情報量の動画像信号を画質が劣化しないように数十分の一に圧縮する技術が必要です。この圧縮には、動画像圧縮符号化の国際標準MPEGに代表される高能率符号化処理を高速に実行できる高性能な動画像プロセッサLSI(大規模集積回路)が欠かせません。

 そこでこの研究では、動画像プロセッサLSIの高性能化をめざし、最先端のLSI製造技術を用いて多くの高速高機能回路技術を確立しました。さらに、高並列ビデオ信号処理プロセッサやベクトル演算専用プロセッサといった多くのマルチメディア向け高性能プロセッサLSIを開発しました。これらの動画像プロセッサによってビデオ信号のリアルタイム符号化/復号化処理が可能になったのです。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

電子・デバイス
(その他(電子・デバイス))

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1996
民主党が結成される。
1996
ペールの日本大使館がゲリラに襲撃される。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

動画像プロセッサLSI、その他(電子・デバイス一般)
Page Top