1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号983)

公開鍵認証方式の研究

 情報ネットワークが普及してくると、情報のセキュリティを確保するための「認証技術」が重要になってきました。第三者が本来の利用者に「なりすましていないか」とか、データが「改ざんされていないか」をチェックする技術です。

 認証技術としては、「公開鍵暗号方式」と呼ぶディジタル署名方式がよく知られています。これは個人用の暗号鍵として「公開鍵」と「秘密鍵」の2つが用意されます。例えば、BさんがAさんに向けて暗号文を作るとき、Aさんの公開鍵を使って暗号化し、作られた暗号文がAさんに送られると、Aさんは、もう一つの秘密鍵で暗号文を解読できるようなっているのです。

 ディジタル署名は逆に、Aさんしかもっていいない秘密鍵で、例えば自分の名前の暗号文を作り、Bさんに送ります。するとBさんは、公開鍵でそれを解読します。秘密鍵を知らないAさん以外の人は作成できませんから、これは確かにAさんの署名であると判断されます。

 こうしたディジタル署名の例として、1978年に発表されたRSA法や米国商務省により1991年に提案されたDSA法などがありますが、いずれも計算量が膨大で、ディジタル署名の作成や署名検証などの処理速度が遅く、ICカードのプログラムや簡易端末装置での実現が難しいという欠点がありました。 そこでこの研究では、新しい公開鍵認証方式「ESIGN」を考案しました。RSA法やDSA法に比べて計算量がうんと少なくなり、数十倍の処理速度が達成できたのです。署名作成およぶ署名検証のいずれも1秒以内ですますことができ、世界で初めてICカードや簡易端末装置上で使えるものでした。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

通信
(電子情報通信の基礎・境界技術)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1993
Jリーグが開幕する。
1993
6党連立の細川内閣が発足する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

公開鍵認証方式、ESIGN、合同多項不等式、情報セキュリティ
Page Top