1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号946)

非線形システムの解析手法の開発

 比例のように、「片方が増えれば、もう一方も増える」という関係は、グラフでは1本の直線で表すことができます。こんな関係を「線形」というのですが、世の中にはこんなに単純には理解できない、つまり「線形ではない」関係がたくさんあり、それらはまとめて「非線形」などと呼ばれることがあります。

 半導体素子や電気部品を数多く組み込んだ大規模集積回路(LSI)なども、非線形の理論がないと解析したり優劣を評価したりはできません。そこでこの研究では、大規模非線形回路網を理論的に解きほぐすための解析手法を考案して、回路の部分だけでなく回路全体の特性を大局的、総合的に評価することをめざしました。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

通信
(電子情報通信の基礎・境界技術)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1981
神戸で博覧会「ポートピア’81」が開幕する。
1981
スペースシャトル初飛行

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

非線形関数解析、不動点定理、縮小写像定理、回路とシステム、非線形問題
Page Top