1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号915)

テレビ標準方式変換装置の実用化

遅延線切替による方式変換系統図

図1 遅延線切替による方式変換系統図

 テレビ放送には数種類の標準方式があり、国によって異なる方式を採用しています。例えば、日本はアメリカとともに「走査線525本、毎秒フィールド数60」ですが、ヨーロッパ諸国を中心に「走査線625本、毎秒フィールド数50」といった具合です。カラー方式も、日本が「NTSC方式」なのに、ヨーロッパ諸国では「PAL方式」や「SECAM方式」になっています。

 一度映像信号になってしまうと、異なる標準方式の間の変換は非常に難しいものとなります。しかしビデオテープの普及と通信衛星の実用化にともなって、全世界の間で方式変換を必要とする機会が急増しました。そこでNHK技研は1968年、カラーの方式変換装置を試作しました。

 そして沖電気は1969年、カラーの双方向変換ができる実用機を製作し、1970年にはKDDがNHKの協力を得てヨーロッパ—日本の間の標準方式変換装置を山口地球局に設置しました。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

放送
(放送の方式と処理技術)
放送
(放送局の仕事と設備)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1972
札幌で冬季オリンピックが開かれる。
1972
浅間山荘事件が起こる。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

テレビジョン標準方式変換装置、方式変換
Page Top