1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号890)

スペクトル拡散(SS)通信モデムの開発と実用化

 携帯電話の第1世代ではアナログ方式が、第2世代ではディジタル方式が使われ、第3世代ではスペクトル拡散(SS)方式を用いた「符号分割多元接続」が使われています。

 スペクトル拡散方式は、送信側でディジタル信号を擬似雑音(PN)符号で特徴づけを行い、他の信号や雑音があっても、受信側でこの特徴が一致する信号だけを受信信号から取り出すことができます。特徴づけされたPN符号が解読されない限り、信号を取り出すことができないため、信号を傍受(盗聴)されにくいという長所もあります。ユーザに異なるPN符号を割り当てておけば、同一周波数帯で多くのユーザが同時に利用できる多重通信が可能になります。

 しかし受信側で、特徴が一致しているかどうかをチェックするには、PN符号の先頭を見つけ出す必要があり、見つけ出すのに時間がかかるため高速データ通信には不向きでした。そこでこの研究では、特徴の一致が素早く検出できる効率のよい検出器を開発しました。弾性表面波素子を用いたもので「SAWコンボルバ」と呼ばれますが、これを用いてスペクトル拡散(SS)モデム(変復調装置)を作り上げたのです。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

通信
(電子情報通信の基礎・境界技術)
通信
(通信に係わる技術)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

2006
国際天文学連合総会で太陽系惑星数が8個と定義され、冥王星が除外される。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

スペクトル拡散通信モデム、符号分割多元接続(CDMA)方式、弾性表面波(SAW)コンボルバ、スペクトル拡散、超音波、無線通信システム、変復調
Page Top