1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号888)

「情報スペクトル理論」の創始とその展開

 情報の交換(やり取り)や加工、伝送、蓄積などに関する数学理論をまとめて「情報理論」と呼んでいます。学問としての情報理論は、ディジタル通信がスタートした1948年、アメリカの数学者クロード・E・シャノンが天才的な洞察力によって創始したものです。それから半世紀を経た21世紀の今日まで、情報理論とその応用技術は質・量ともに目覚しく発展しました。その成功のカギは、「符号化」という工学的な考え方を生み出して情報理論から「工学的科学理論」を確立したことにあります。

 ところで現在、シャノンの予想を超えた複雑な情報源や通信路が登場したため、情報通信技術の革新が求められています。このような高度な情報通信の技術的諸問題を理論的に解決するには、これまでの情報理論を拡張するだけでは間に合いません。そこでこの研究では、「情報スペクトル」という理論的方法論に立って、これまでの情報理論を全面的に見直した上で、情報スペクトル的新世界の全体像を考案しました。

 「情報スペクトル理論」は、その一般性と簡明さが大きな特徴になっています。「情報源符号化」や「通信路符号化」など情報理論の主な分野すべてに、情報スペクトル的方法を適用することによって各分野における最も一般的な公式を導き出すことに成功したのです。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

通信
(電子情報通信の基礎・境界技術)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

2004
スマトラ沖で地震(M9.0)が発生し、死者・行方不明者数が30万人以上に上る。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

情報スペクトル理論、情報理論
Page Top