1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号884)

情報セキュリティの先駆的基礎研究

 セキュリティやプライバシーの侵害に対処し、安心して情報システムを利用できるようにすることが重要な社会的課題です。そこでこの研究では、暗号を中心とする情報セキュリティ技術に関する研究を進めました。

 まず考え出したのが「依頼計算」という方法です。計算能力の高い「サーバ」などに秘密を漏らさずに計算を依頼して、計算能力の低い「ICカード」などの秘密計算の処理時間を短縮するのです。その一例は電子取引で、秘密の署名鍵を格納したICカードが、その署名鍵を用いて多数のディジタル署名を短時間に作らねばならいとき、いったんサーバに渡して、サーバに署名を作ってもらいます。こうすれば、計算能力の低いICカードの効率が飛躍的に高まります。

 さらに、大規模ネットワーク向きの暗号鍵共有方式KPSを発明し、実用化しました。だれと暗号通信するか決まっていないネットワークで暗号通信をする場合、通信する者同士が暗号鍵を共有する方法が必要になりますが、KPSの登場によって、通信できる相手となら手軽に暗号通信ができる道が開かれました。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

通信
(電子情報通信の基礎・境界技術)

関連する出来事

1996年10月
未来開拓学術研究推進事業研究プロジェクト
2000年1月
NESSIE%0C%0A(New European Schemes for Signature, Integrity, and Encryption)

世の中の出来事

1995
阪神・淡路大震災が起こる。
1995
地下鉄サリン事件が起こる。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

依頼計算、暗号鍵共有方式KPS、暗号技術、松本・今井暗号、情報セキュリティ
Page Top