1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号687)

362kV一点切超高性能ガス遮断器(GCB)の開発

362kV一点切りガス遮断器

写真1 362kV一点切りガス遮断器

 絶縁性の高いSF6というガスを満たした密閉構造のガス遮断器(GCB)は、開発されてから数十年たちますが、コンパクトで騒音が少ないため66~500キロボルト電力系統の主力遮断器として広く使われてきました。日本では特に300キロボルト一点切り、550キロボルト二点切りのGCBが使われていました。なお、一点切り、二点切りというのは、遮断器の中のスイッチの数のことです。

 ところがこの研究により、性能を20%以上も向上した世界初の362キロボルト一点切りGCB(図1)の開発に成功したのです。この技術は世界最高レベルのもので、のちの420キロボルト一点切りGCB、550キロボルト一点切りGCB、1100キロボルト二点切りGCBの開発へとつながり、さらなる高信頼化、小形軽量化により電力の安定供給に貢献しました。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

電気・電力
(電気機器)
電気・電力
(電力輸送)

関連する出来事

1984年
362kV一点切超高性能ガス遮断器(GCB)運転開始

世の中の出来事

1986
男女雇用機会均等法が施行される。
1986
三原山が209年ぶりに爆発する。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

ガス遮断器、ガス絶縁開閉装置、SF6ガス、GCB、GIS、開閉保護装置、変電
Page Top