1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号630)

PC-98XL2(日本電気)

PC-98XL2

図1 PC-98XL2

 日本電気は1987年9月、高性能な 32ビットパソコンPC-98XL2を発表しました(図1)。当時、日本では同社のPC-9800シリーズが最もよく使われていましたが、これと同じハードやソフトが使えるという特徴をもっていました。

 なお、ビットとはコンピュータが処理できる情報の単位(桁)で、例えば32ビットのコンピュータは16ビットのコンピュータの倍の桁の情報を一度に処理できます。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1987年
日本電気:80386を採用した32ビットパソコンPC-98XL2

世の中の出来事

1987
国鉄が分割民営化され、JRが発足する。
1987
利根川進がノーベル医学・生理学賞を受賞する。

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

日本電気、32ビットパソコン、PC-9800シリーズ、パーソナルコンピュータ
Page Top