1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号625)

ビジネス用パソコンMULTI16(三菱電機)

MULTI16

図1 MULTI16

 三菱電機は1981年、業界初の16ビットのビジネス用パソコンMULTI16を発表しました(図1)。事務処理計算、科学技術計算、大型コンピュータの端末などの幅広い用途に使えます。

 なお、ビットとは、コンピュータが処理する情報の単位(桁)のことで、例えば16ビットのコンピュータは8ビットのコンピュータの倍の桁の情報を一度に処理できます。当時のパソコンは8ビットが主流でしたから、16ビットのパソコンはパソコンとしては高性能でした。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1981年
三菱電機:日本初の16ビット業務用パソコンMULTI 16

世の中の出来事

1981
神戸で博覧会「ポートピア’81」が開幕する。
1981
スペースシャトル初飛行

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

三菱電機、16ビット業務用パソコン、Multiplan、Multiplot、分散処理端末機能、パーソナルコンピュータ
Page Top