1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号501)

ファクシミリ通信を広めた技術の開発

蓄積変換形ファクシミリ通信方式FICS-1の構成

図1 蓄積変換形ファクシミリ通信方式FICS-1の構成

蓄積変換形ファクシミリ通信方式FICS-2の構成

図2 蓄積変換形ファクシミリ通信方式FICS-2の構成

FICS方式のサービス機能

表1 FICS方式のサービス機能

 漢字を使う日本では、手書きの文字や図形をそのまま送れる(伝送できる)ファクシミリが普及しています。このファクシミリ通信の研究開発はまず小型の機器でスタートしましたが、やがてオフィスでも使えるようにデータを蓄積して変換できる方式に発展し、全国の加入者が共同利用できるようになりました。このような世界にも例がない本格的なファクシミリ専用網は、日本で独自に開発された装置やサービスによって成り立っているのです。

 日本電信電話公社(現日本電信電話株式会社=NTT)が1981年に開始したファクシミリ通信網サービス(Fネットサービス)には蓄積変換形ファクシミリ通信方式が採用されました。まず同年9月にFICS-1方式(図1)により東京と大阪でサービスを開始し、1984年7月にFICS-2方式(図2)にバージョンアップしてサービスを全国に拡大して、2005年のFネットサービスの登録端末は約100万件に達しました。

 当初はA4判の文書の伝送に約3分かかりましたが、間もなく平均約1分で伝送できるようになり、「1分機」とも呼ばれています。これ以外にも次のような便利な機能が工夫されました。

 *相手番号をダイヤルすると、相手がファクシミリ加入者かどうかを自動的に判別し(加入者照合)、加入者であればファクシミリ通信文を伝送する。

 *ファクシミリ画面の最上部に発信者番号と発信日付と時刻を付け加える(日付番号付加)。

 *相手側が「ビジー」のとき(話し中や処理に手間取っているとき)は、自動的に再呼び出しをして相手への着信を試みる。それでも着信できなければ、「不達通知」用ファクシミリ画面を作って発信元に知らせる。

 *相手番号をダイヤルしやすいように短縮番号が登録できる。さらに複数の相手番号を1つの短縮番号でグループ指定する番号登録もある(短縮ダイヤル登録)。

 *ファクシミリ信号は自動的に送られるが、特定の利用者が暗証番号を入力しない限り出力されない(親展通信)。

 *相手先を個別に複数指定することで同一ファクシミリ文書を一度に送達できる(同報通信)。

 *文字信号(テキストコード)で表された情報を文字パターンに置き換えて、ファクシミリ画面を作成して送付する(メディア変換サービス)。

 このようなファクシミリ通信は世界に類例を見ないもので、サービスそのものがオリジナルでした。これら一連のファクシミリ通信技術の開発に当たった釜江尚彦さん、 結城皖曠さん、 秦英遠さん(日本電信電話公社、日本電信電話株式会社=NTT)の3人に対して電子通信学会は1983年、業績賞を贈りました。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

通信
(通信に係わる技術)

関連する出来事

1981年9月
商用サービス開始(FICS-1方式)
1984年7月
FICS-2方式にバージョンアップ

世の中の出来事

データなし

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

通信方式、情報ネットワーク、交換システム
Page Top