1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号486)

高信頼度コンパクト化GISの開発

84kVGIS2回線一括輸送

図1 84kVGIS2回線一括輸送

高信頼度コンパクトGISの特長(275kVGISの例)

図2 高信頼度コンパクトGISの特長(275kVGISの例)

高信頼度コンパクトGISの特長(500kVGISの例)

図3 高信頼度コンパクトGISの特長(500kVGISの例)

 しゃ断器や断路器、これらをつないでいる電線路を、絶縁性に優れたSF6ガスを充填した密閉鋼鉄製容器に配置したものをGIS(ガス絶縁開閉装置)といいます。発電所や変電所の構内がコンパクトになることや、汚損の影響を受けないことから、広く普及してきています。

 この業績は、これまでの運転・建設実績および最近の設計技術の進歩を取り入れ、GISの高信頼度化・コンパクト化を図ったものです。

 具体的には、①当時普及してきた酸化亜鉛形避雷器を基本とした絶縁協調設計、②建物容積を最小にする機器配置設計、③機器を極力分割せず一体にして輸送することによる現地接続箇所の低減、④点検・事故対応に配慮したSF6ガス区分構成の見直し

です。

 また、メーカーと協調し、電気機械的応力・アーク現象の解明、熱応力などの各種解析技術を駆使し、設計・製造技術の向上を図り、しゃ断器のしゃ断点数の削減によりコンパクト化等を可能としました。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

電気・電力
(電力輸送)
電気・電力
(電気機器)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1984
グリコ・森永事件が起こる。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

信頼性、変電、GIS、コンパクト、ガス絶縁開閉装置、変電、開閉保護装置
Page Top