1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号477)

我が国最大容量のバルブ水車発電技術の完成)

赤尾発電所(バルブ水車発電機)の断面図

図1 赤尾発電所(バルブ水車発電機)の断面図

赤尾発電所のプロペラ水車

図3 赤尾発電所のプロペラ水車

 エネルギー資源に乏しい我が国においては、環境にやさしい自然エネルギーを、より一層有効利用しようという考えが当時からありました。水力エネルギーでは、黒四ダム、佐久間ダムなどに代表される大規模なダムによる水力発電の開発は進められてきました。水力発電は、高い所から水を落とし、そのエネルギーで水車を回し発電しますが、これらは、落差が100m以上のものでした。このため、発電所の出力は小さくても、特に未開発地点の多いといわれる超低落差の水力開発は重要なことでありました。

 そこで、関西電力は、赤尾発電所で当時、我が国最大容量で世界第5位の34MWバルブ水車発電機を採用し、昭和53年に運転を開始しました。また、電源開発は、我が国第2位の16.8MWバルブ水車発電機を佐久間第二発電所で採用し、昭和57年に運転を開始しました。

 バルブ水車発電機は5~20m程度の超低落差に最適ですが、水車および発電機全体が水中に浸る構造であるため、技術的に解決しなければならない課題がいくつかありました。

 赤尾発電所では、模型試験、詳細な数値解析を実施、また、佐久間第二発電所では、保守軽減や軽量化できるような発電機の設計としました。

 この大容量バルブ水車発電機の完成は、比較的未開発地点の多いといわれる超低落領域での水車開発のさきがけとなり、その後の効果的な水力開発を促す意義がありました。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

電気・電力
(発電)
電気・電力
(電気機器)

関連する出来事

1978年
日本最大容量34MWのバルブ水車運転開始

世の中の出来事

1982
ホテルニュージャパンで火災が起こる。
1982
東北新幹線・上越新幹線が開業する。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

水力発電、回転機、水力発電、回転機
Page Top