1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号474)

100万ボルト交流送電実証試験設備の建設と試験研究

UHV赤城実規模試験線の概略図

図1 UHV赤城実規模試験線の概略図

UHV赤城実規模試験線の写真

図3 UHV赤城実規模試験線の写真

 原子力および火力発電所の遠隔立地に伴い,将来は100万ボルト級(UHV)送電が必要になるとされ,海外でもアメリカ,イタリア,ソ連などで研究されていました。我が国では、これら諸外国とは気候風土が大きく異なるため,わが国特有の狭い国土,雷,台風,がいしの塩害などの厳しい気象条件,さらには地震,環境保全に配慮したUHV送電線の設計を目指すことになりました。

 そこで、わが国特有の気候風土に配慮した,世界でも例のない100万ボルト級(UHV)級送電線が、昭和57年、電力中央研究所赤城試験センターに完成し,その後,昭和60年までコロナ防止性能および静電誘導,ならびに耐風・耐雷・耐震に関する実証試験研究が推進されました。この成果は,平成11年に完成した総延長400km超にわたる東京電力(株)による1,000kV送電線の設計および建設に活用されました。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

電気・電力
(電力輸送)
電気・電力
(電気基礎技術)

関連する出来事

1982年2月
環境保全のための試験研究
1982年2月
実規模試験線完成
1999年5月
南いわき幹線竣工

世の中の出来事

データなし

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

送電、高電圧・大電流、電磁環境、UHV、コロナ、高電圧・大電流、送電、電線・ケーブル、電磁環境
Page Top