1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号473)

100万ボルト送電のためのがいし耐電圧性能検証

UHV試験設備

図1 UHV試験設備

54トン懸垂がいしの連結長と耐電圧との関係

図2 54トン懸垂がいしの連結長と耐電圧との関係

UHVがい管・ブッシングの霧中耐電圧

図3 UHVがい管・ブッシングの霧中耐電圧

 わが国の基幹送電線の送電電圧は、電力需要の増加に伴う長距離大電力送電を、安定的かつ効率的に実現するため、高電圧化が進み、1973年(昭和48年)には、500kV送電が始まりました。その後、さらなる電力需要の増加に対応するため、1,000kV(UHV)送電の検討が始められました。

 UHV送電では、電線を支えるがいし連およびブッシング等の絶縁距離は500kV送電用のものに比べて格段に長くなるため、その小型化を計ることが技術的・経済的に極めて重要な問題となります。特に問題とされたのは、塩分等で汚損されたがいしの耐電圧性能が、がいしの長さに比例するかどうかでした。海外でもUHVクラスの電圧に対する絶縁について研究が進められていましたが、UHVクラスの電圧では、「がいしの長さがある程度長くなると、がいしの汚損耐電圧はそれ程増加しない」との考え方もあり、その確認が必要となりました。

 このため、1979年(昭和54年)、電力中央研究所の武山試験センターと日本ガイシの電力技術研究所の2カ所に実規模試験設備を設置し、試験結果の比較検討が、通産省資源エネルギー庁(当時)のUHV送電特別委員会で行われ、がいし、ブッシング等の耐電圧は、塩分による汚損にかかわらず、その長さに比例することが明らかになりました。

 このように、UHV送電の実用化には、世界有数の大規模な試験設備を設置し、大型がいしの汚損耐電圧性能検証技術を築いたことが大きく貢献しています。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

電気・電力
(電力輸送)
電気・電力
(電気基礎技術)

関連する出来事

1975年
UHV霧中実験設備の建設
1977年6月
1000kV交流汚損がいし試験設備の建設
1979年
UHV霧中実験設備の使用開始
1979年
UHV級がいし汚損試験設備の使用開始

世の中の出来事

1982
ホテルニュージャパンで火災が起こる。
1982
東北新幹線・上越新幹線が開業する。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

高電圧、送電、がいし、汚損、霧中試験、UHV、耐電圧、高電圧・大電流、送電
Page Top