1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号41)

ACOSシステム410、430、610、630、910、930に関する技術

ACOSシステム410

図1 ACOSシステム410

ACOSシステム430

図2 ACOSシステム430

ACOSシステム610

図3 ACOSシステム610

ACOSシステム630

図4 ACOSシステム630

ACOSシステム830

図5 ACOSシステム830

ACOSシステム910

図6 ACOSシステム910

ACOSシステム930

図7 ACOSシステム930

ACOSシステム410~930の諸元

表1 ACOSシステム410~930の諸元

 日本電気の汎用コンピュータ開発は、1974年に「ACOS(エイコスと読む)シリーズ」を発表して以来、自社の技術を中心にして進められ、半導体技術の発展とともに高密度化、高性能化がはかられました。汎用コンピュータとは、いろいろな用途に対応できる計算機のことで、小型機から大型機まで、略称でS410、S430、S610、S630、S910、S930といった機種がそろいました。少し専門的な内容になりますが、それぞれの特徴をあげておきましょう。

 S410(正式名称は「ACOSシステム410」)は小型機で、1983年4月に発表されました。日本電気で初めてコンピュータ本体のデータ処理装置(プロセッサ)にCMOS(シーモスと読む。相補性金属酸化膜半導体)技術を採用して小型化を実現したものです。オフィス事務を支援するための各種ソフトを使うことにより、データ処理のほか意思決定や事務処理、他部門とのコミュニケーションといったいろいろな仕事を1台の計算機で実現する統合オフィスオートメーションシステムの実現に適していました。

 S430は中型機で、1984年2月に発表されました。主記憶装置に256キロビットDRAM(ディーラムと読む)、中央処理装置にCMOSカスタムLSIやCMOSゲートアレイなどを採用した高密度論理LSIを搭載して機能を拡大し、小型化や高速化、低消費電力化、高信頼度化を実現したのです。また記憶装置操作のためのページング機能を追加し、さらに動的アドレス変換機能などの採用によってデータ処理、オフィスオートメーションやCAD(キャドと読む)、さらに研究開発などにも使えるようになりました。

 S610とS630は大型機で、1985年4月に発表されました。バイポーラ論理LSI、バイポーラRAM(ラムと読む)、DRAM(ディーラムと読む)など超大型機ACOSシステム1500シリーズ(1985年2月に発表)の技術を採用して、設置床面積を1平方メートル以下にコンパクト化しました。また、高速科学演算プロセッサと統合アレイプロセッサを付加したことで高度な科学技術計算能力が備わりました。

 S830とS910とS930も大型機で、1987年1月に発表されました。論理LSI、バイポーラRAM、DRAMなど超大型機ACOSシステム2000シリーズ(1986年2月発表)の技術を採用しています。また高度なパイプライン技法、高精度な分岐予測方式など中央処理装置を高速化する技術の採用によって価格性能比を向上させました。それに、データ通信や電子メール伝送を行うための国際標準規格にも対応していましたので、ACOSとは異なる計算機と接続することも容易でした。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(コンピュータハードウェア)

関連する出来事

1983年
日本電気:統合OAシステム構築用小型機ACOSシステム410発表

世の中の出来事

データなし

Webページ

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

日本電気、汎用コンピュータ、ページング機能、HSP、IAP、MHS、FTAM、VLSI、統合アレイプロセッサ、高速科学演算プロセッサ、メインフレーム、計算機ハードウェア
Page Top