1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号22)

衛星放送の受信アンテナ

512素子平面アンテナ

図1 512素子平面アンテナ

 衛星放送受信用平面アンテナの研究がスタートしたのは、放送衛星2号(BS-2a)の打ち上げを翌年に控えた1983年のことでした。衛星放送受信用アンテナは、性能の高さだけでなく量産化も求められており、従来から使用されていたパラボラアンテナに代わる平面アンテナを開発することになりました。1984年5月、放送衛星「ゆり2号a」によるNHKの衛星試験放送が開始されました。これは世界初の直接受信が可能な衛星放送で、各家庭のアンテナでも衛星からの電波をキャッチできるようになったのです。

 平面アンテナが放送衛星から電波を受け取る効率は当時、パラボラアンテナの約60%に対して半分の30%に過ぎなかったのですが、1987年、受信電波の損失が少ない発泡ポリエチレン基板を採用して、効率60%という「512素子平面アンテナ」(図参照)が開発されたのです。同年7月、「ゆり2号b」(BS-2b)による本放送(後のNHK衛星第1放送=BS1)が開始されました。一方、パラボラアンテナの性能向上を目指して、繊維強化プラスチック(FRP)による反射鏡の開発が進められ、1987年には「FRP製反射鏡の技術基準」としてまとめられました。

 1988年には、平面アンテナと受信機の間をつなぐ導線(給電線)に低雑音増幅器を組み込んだアクティブアンテナが開発されました。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

放送
(無線や光による伝送)

関連する出来事

1984年
BS-2aの打ち上げおよび試験放送開始
1986年
BS-2bの打ち上げ
1989年
衛星放送の本放送開始
1990年
BS-3aの打上げ
1991年
BS-3bの打上げ

世の中の出来事

1987
国鉄が分割民営化され、JRが発足する。
1987
利根川進がノーベル医学・生理学賞を受賞する。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

FRP製反射鏡、平面アンテナ、アクティブアンテナ、衛星放送、無線伝送、アンテナ・伝播
Page Top