1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号1431)

多入力PSSの開発と実用化

電力系統では、送電線の事故等があっても、発電機の電圧を瞬時に変化させ、発電を続けられるようにします。しかし、場合によっては、その後、回転数が数秒周期で変動する現象が起こることがあります。

これを抑えるためにPSS(系統安定化装置)を、発電機の電圧制御装置に付け加えます、

これまでは、発電機出力の変化を入力とすることが一般的でしたが、さらに、発電機の回転数変化その他の運転量を入力とすることにより、性能を向上させることができました。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

電気・電力
(電気機器)
電気・電力
(電力輸送)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

2004
スマトラ沖で地震(M9.0)が発生し、死者・行方不明者数が30万人以上に上る。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

電力系統、系統安定度、電力系統安定化装置、発電機、励磁制御、多入力PSS、回転機、制御、電力系統
Page Top