1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号1336)

世界最大容量SVC(静止形無効電力発生装置)の完成

±80MVA-SVG外観

図1 ±80MVA-SVG外観

送電線で事故があったり、電力需要(電気の使用量)が変動したりすると、送電線の電圧が変動し、安定に電気を送ることができないことがあります。

これまでは、変電所のコンデンサ、リアクトルにより、この電圧変動を調整していましたが、調整に要する時間が長いこと、調整量が段階的であることなど、きめ細かな調整ができませんでした。

半導体素子を用いた高速なスイッチング機能を持つSVCの開発により、高速で連続的な電圧調整が可能となりました。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

電気・電力
(電力輸送)
電気・電力
(エレクトロニクス)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1991
雲仙普賢岳で大火砕流が発生する。
1991
湾岸戦争が始まる。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

SVG、GCT、世界最大容量、8段多重、AVR、PSS、電力系統、パワーエレクトロニクス、制御
Page Top