1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号1315)

世界最大容量30kV、7.5MVAモールド変圧器の開発

変圧器は、鉄心に巻数の異なるコイルを巻きつけ、コイル間の電圧を変える電気機器です。

その絶縁には、油を使うのが一般的ですが、接着剤にも使われているエポキシ樹脂を使ったものが、モールド変圧器で、難燃性が高く、配電線用に広く使われています。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

電気・電力
(電力輸送)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1979
国公立大学の共通1次試験が始まる。
1979
インベーダーゲームがブームとなる。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

変圧器、乾式変圧器、モールド変圧器、風冷式モールド変圧器、世界最大容量、配電
Page Top