1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号1294)

我国最初の500kV OFケーブルの実用化(高落差ルートへの適用と中間接続部への実用化)

過密地域である都市部の送電線建設は、年々困難となってきており、これを解決する方策としての地中ケーブル化の必要性が高まってきました。そこで、送電電圧を高くして送電電力を増やすため、絶縁性の高い油を満たしたOFケーブルの送電電圧を、それまでの275kVから500kVにするための開発とともに、高低差の大きいルートに敷設するため、絶縁油を循環させるポンプシステムの開発をしました。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

電気・電力
(電力輸送)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1975
山陽新幹線岡山~博多が開業する。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

電線・ケーブル
Page Top