1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号1112)

放送の画質・音質の改善に関する研究

 現在みられるような美しい映像のテレビ放送が実現されるには、雑音の影響を受ける放送信号から、映像や音声など必要な情報だけを間違いなく取り出す、フィルタと呼ばれる技術が重要です。

 東大の羽鳥光俊さんは デジタル方式により、いろいろな使用環境に特性を自動的に適応させるフィルタ技術について研究し、テレビのゴ-ストやFM放送の受信改善に貢献しました。またわが国における HDTV(ハイビジョン)やEDTV(高精細化テレビ、クリアビジョン)など新しい放送方式の研究を指導し、その発展に貢献しました。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

放送
(人間科学)
放送
(放送の方式と処理技術)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1987
国鉄が分割民営化され、JRが発足する。
1987
利根川進がノーベル医学・生理学賞を受賞する。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

ゴーストキャンセラ、FMマルチひずみキャンセラ、画質・音質
Page Top