1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号1095)

テレビジョンアンテナの研究開発

 テレビやラジオを放送するためにはアンテナから電波として送信する必要があります。アンテナは電波を受信するときにも必要になります。このようなアンテナは電波の周波数により形式や形状が大きく異なります。受信アンテナではFMラジオやテレビ放送などVHFからUHF帯の電波には一般に八木アンテナが、衛星放送のようなより高い周波数の受信にはパラボラアンテナが使われます。送信用にも同様なアンテナが使われるほか、より高効率、高性能のアンテナが研究開発されています。

 東芝の永井淳氏は、テレビ送受信用および放送衛星搭載用アンテナの研究開発にあたり、テレビおよびFM送受信用アンテナの開発と小形受信アンテナに関する独創的な基礎理論の展開とその実用化を行いました。また、放送衛星搭載送信アンテナの設計理論を確立し、成形ビームアンテナ(アンテナの形状を成型し、日本のような細長い地形に合わせて放送エリアを絞ることのできるようにしたもの)の実用化に成功しました。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

放送
(無線や光による伝送)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1979
国公立大学の共通1次試験が始まる。
1979
インベーダーゲームがブームとなる。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

放送衛星用搭載アンテナ、受信アンテナ、テレビジョンアンテナ、成形ビームアンテナ、アンテナ・伝播
Page Top