1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号1079)

テレビジョンの撮像および伝送方式の設計・研究開発

分離輝度カラー撮像方式

図1 分離輝度カラー撮像方式

2イメージオルシコン分離輝度カラーカメラの構成

図2 2イメージオルシコン分離輝度カラーカメラの構成

1964年東京オリンピック開会式の2イメージオルシコンカメラ

図3 1964年東京オリンピック開会式の2イメージオルシコンカメラ

 現在の高感度、高精細度のテレビカメラが実現されるまでには様々の技術開発が必要でした。NHKの林宏三さんは 1960年代世界に先駆けて1本の撮像管から明るさの信号だけでなく色の信号を分離して取り出す方式を考案、また、屋内屋外など使用目的に応じて最適な特性を実現できるカメラを開発し、わが国でテレビ放送用のカラ-カメラシステムを確立しました。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

放送
(情報の取り込みと表示)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1972
札幌で冬季オリンピックが開かれる。
1972
浅間山荘事件が起こる。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

カラーカメラシステム、テレビカメラ
Page Top