1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号1074)

トリニトロン・カラー受像機の開発

 カラーテレビ用受信機のディスプレイには、液晶やPDPなどの平面型ディスプレイが実用化するまではブラウン管(CRT)が使われていました。ブラウン管でカラー画像を表示するためにシャドーマスク方式が発明されました。この方式はブラウン管の管面の近くに細かい穴が多数あいた金属の薄い板(シャドーマスク)を置くもので、管の奥にある電子銃から電子ビームを発射し、シャドーマスクの穴を通して3色の蛍光体に対応する色用の電子ビームを正確に当てて一つひとつの点(画素)の色を発光させるものです。その後、細かい穴の代わりにすだれ状の穴があけたアパーチャグリル方式も開発されました。この方式はシャドーマスクよりも遮断される電子ビームが少なく透過量が多いため、より高輝度の画面が得られる特長があります。

 ソニーの吉田進氏は独自の方式によるカラー受像管の研究開発を行い、アパーチャグリル方式の一つである「トリニトロン」方式を発明しました。そしてその製品化に成功して、カラー受像機の小形小電力化に貢献しました。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

放送
(家庭用映像機器)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1970
大阪で万博が開幕する。
1970
よど号ハイジャック事件が起こる。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

アパーチャグリル方式、トリニトロン、カラー受像機、コンシューマエレクトロニクス
Page Top