1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号1049)

光CDMAネットワークの研究

 これまでの光ネットワークでは、主に光時分割多重(光TDM)や波長多重(WDM)など光信号多重方式が用いられています。光TDMは、同じ波長の光信号を時間で分割し、またWDMは、与えられた波長帯域を一定の波長間隔で分割して、多数のチャンネルを割り当てる方式です。

 この研究では、光符号分割多重(OCDM)に関する研究を進めました。これには同一波長、同一時刻に複数の光信号を多重化できる特徴があり、第3の多重方式として期待されています。

 OCDMは、送信側でチャンネルごとに異なる光符号で通信データを1ビットずつ符号化し、受信側では送信側と同じ符号を用いて復号します。この符号をユーザに割り当てることによって、同一の波長で同一時刻に複数のユーザ(複数のチャンネル)が利用できるようになります。

 符号は暗号の鍵に似ています。これを光符号分割多元アクセスCDMAといい、これの研究を推進しました。これは現在、携帯電話の方式として広く使われている無線の符号分割多元接続(CDMA)方式の光通信版といえます。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

通信
(通信に係わる技術)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

2005
青色LED訴訟が和解金8億4000万円で和解する。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

光ファイバ無線、光CDMAネットワーク、光通信システム
Page Top