1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号1042)

マルチアプリケーションICカード向け情報流通プラットホームの実用化

ICカード情報流通プラットホーム(NICE)の基本概念

図1 ICカード情報流通プラットホーム(NICE)の基本概念

ICカード情報流通プラットホーム(NICE)のシステム構成

図2 ICカード情報流通プラットホーム(NICE)のシステム構成

 ICカードは公衆電話用カード、乗車券、社員証、クレジットカードなどとして普及していますが、サービスごとに発行されていてはコストが高くつくし、ユーザも時に応じて使い分ける必要があります。そこでこの研究では、多数のアプリケーションを搭載できる「マルチアプリケーション ICカード」や、ビジネスの変化に合わせて搭載するアプリケーションを変更できる安全な「ICカード運用管理技術」を開発しました。

 これらを実現するために、これまで32キロバイト(1バイトは8ビット)程度だった記憶容量を30倍以上の1メガバイトに拡大したICカードを、電波による電力供給(非接触)で実現しました。また、複数のアプリケーションをICカード上で自由に入れ替えながら安全に動作させるため、メモリを厳格に管理して効率的にメモリを利用する方法を考案してカードに収納しました。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

通信
(通信に係わる技術)
通信
(電子情報通信の基礎・境界技術)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

2003
国立大学法人法が成立する。
2003
日米欧などの国際チームがヒトゲノム解読完了宣言をする。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

マルチアプリケーションICカード、情報流通プラットホーム、情報ネットワーク、情報セキュリティ
Page Top