1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号1036)

動画圧縮規格「MPEG-4国際標準方式」の実現

 動画データをCDに記録したり携帯電話に送ったりするとき、圧縮という操作が必要です。その動画圧縮については国際標準規格「MPEG」があります。まず「MPEG-1」は、CDに動画データを記録するときの動画圧縮規格、そして「MPEG-2」は、DVDから標準テレビやハイビジョンなど通信や放送で利用される動画圧縮規格です。

 また、携帯電話やモバイル機器を対象とした動画圧縮規格は、これまで機能の拡張が続けられてきましたが、この研究開発によって提案された「MPEG-4」が国際標準規格となっています。毎秒64キロビット程度の低ビット速度でも良好な画質を作り出す映像符号化方式が認められたのです。

 アニメーションを効率的に作るために、人物や物体(オブジェクト)の絵を「セル」と呼ばれる透明なシートに描きます。そしてこのセルを「背景」と重ね合わせて最終的な絵を作り上げるのですが、MPEG-4に採用された「オブジェクト符号化」は、セル画に当たる人物や物体を元の映像から分離させて符号化するのです。

 この符号化方式によってオブジェクトの映像利用がスムーズに運ぶようになりました。こうして MPEG-4国際標準方式は、第3世代携帯電話での画像伝送やインターネットのビデオストリーミング(動画をダウンロードしながら再生する技術)などに適用されています。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(情報処理理論)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

2002
日韓で第17回サッカーワールドカップが開催される。
2002
欧州単一通貨「ユーロ」が12カ国で流通開始する。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

MPEG-4、画像処理
Page Top