1. HOME
  2. 電気・情報関連(入門)
  3. 研究情報(登録番号1019)

「局所並列型画像処理装置」の開発と実用化

 濃淡画像から輪郭を抽出したり、画質を改善したり、特徴点を抽出したりするディジタル画像処理の要求が高まっていました。ディジタル画像処理の応用では、大きな画像や連続した大量の画像を高速処理したい場合、処理時間が大きな問題になります。ある画素はその近傍の画素と強い相関があるため、画像処理は並列型2次元処理をしなければならないのに、画素を走査して画素ごとに逐次1次元処理をしていたため、ここにギャップが生じていたのです。

 そこでこの研究では、このギャップを解決する新しい高速ディジタル画像処理技術として「局所並列型高速画像処理方式」を開発しました。この方式では、入力画像から局所マスク(覆い)を使って、例えば3×3画素とか5×5画素のように画像の一部を切り出し、局所マスク内の画素に対して、並列アクセスと並列演算を行うことにしたのです。そのために、局所並列演算を高速に実行するハードウェア回路や画像メモリを高速に結合する画像処理システムを開発しました。

 この局所並列型画像処理装置を大型の衛星写真画像データを対象としたリモートセンシング解析や、X線テレビ画像を用いた手荷物内検査に応用して、有用性を実証しました。



さらに詳しく知りたい読者は「専門向け」のページもご覧ください。


関連する研究を検索

分野のカテゴリ

情報処理
(情報処理理論)

関連する出来事

データなし

世の中の出来事

1994
松本サリン事件が起こる。
1994
自民党と社会党の連立による村山内閣が発足する。

Webページ

データなし

博物館等収蔵品

データなし

キーワード

局所並列画像処理装置、画像処理
Page Top